2014年01月17日

19年前。

19年前、阪神大震災の年に神戸の大学に通い始めました。
街は見るのが辛いほどのとても倒壊しててね。
でも、4年間にたくさんの人のお陰で見る見る新しくなっていって、卒業するときはもう傷跡がないかのように街は生まれ変わりました。
あの頃は「良かったなぁ。」なんて思ってたんです。

しかし、大人になって、いくつかのボランティアに参加させてもらい、未だに心を痛めている被災された家族がいる事を知りました。
そして、被災者の方から聞いた声。
「いつか忘れ去られるんじゃないか。」って。

絶対、忘れる事はないですよ。
関西において、こんなに辛い日はなかったですから。

今日は改めて、自分に出来る事を考えよう。
そして、被害に遭われた方々に心からご冥福をお祈り致します。
posted by tomoya ogaki at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。